肌トラブルを始めとして、脱毛はそれなりの危険があるというリスクを孕んでいます。
それ自体は仕方のないことですが、気になるのは医療脱毛クリニックと脱毛サロンの違いです。

「医療」とついていることから、医療脱毛クリニックの方が安全だろうと考える人も多いですが、実際はどうなのでしょうか。
より安全に脱毛を行うためにも、今回の記事では、医療脱毛クリニックと脱毛サロンのリスクの違いについて解説していきます。

医療脱毛クリニックと脱毛サロンの特徴

まずは医療脱毛クリニックと脱毛サロン、それぞれの特徴を解説していきます。

医療脱毛クリニックの特徴

医療脱毛クリニックは、文字通り医療機関にあたる脱毛施設です。
そのため、医療脱毛クリニックを運営するには医師免許が必須ということになり、実際に施術するスタッフも医師か看護師のみになります。

脱毛方式は、レーザー脱毛かニードル脱毛がメインです。
これらはどちらも医療行為に該当するため、医師免許がない脱毛サロンでは行うことができません。
また、脱毛機を購入することにも医師免許が必要になります。

ちなみに、麻酔を使用することも医療行為です。
クリーム・ガス・注射など、いくつか種類がありますが、いずれの麻酔も医療脱毛クリニックでしか使用することができません。

脱毛サロンの特徴

一方で、脱毛サロンに医師免許は必要ありません。
極端に言えば、資金さえあれば誰でも開業・運営することができます。

脱毛方式はほぼ全ての脱毛サロンが光脱毛を採用しており、レーザー脱毛やニードル脱毛を行うことは禁止されています。(一部行っている脱毛サロンもありますが、実際はグレーゾーンです)
正確には脱毛ではなく、「抑毛」や「減耗」に当たり、毛の成長を抑制したり、量を減らすという効果があります。

医療脱毛クリニックと脱毛サロンのリスク

医療脱毛

医療脱毛クリニックと脱毛サロンの概要は以上となりますが、次にそれぞれのリスクについて解説していきます。

医療脱毛クリニックのリスク

まず、医療脱毛クリニックのリスクは、脱毛時の肌への負担が大きいということです。
例えば、医療脱毛クリニックのレーザー脱毛と、脱毛サロンの光脱毛は仕組みは大きく変わりませんが、脱毛機の出力はレーザー脱毛の方が大きく、効果が高い分、肌への負担も大きいです。

負担が大きいからこそ、取り扱いに注意が必要であり、医療資格が必須となるのですが、いくら看護師が施術するといっても、100%安全とは言い切れません。
脱毛機の出力の調節を誤って火傷を負わせてしまう可能性もありますし、脱毛後、肌荒れが発生することも珍しくありません。

脱毛サロンのリスク

一方、脱毛サロンの光脱毛は、レーザー脱毛と比較すると確かに出力は低いです。
そのため、脱毛機自体を比較すると、光脱毛機の方が安全であることはほぼ間違いないでしょう。

ただ、懸念点であるのは、脱毛サロンであれば誰でも始めることができるということです。
大手チェーン店であれば、新人研修も充実しているため、比較的信頼することができますが、個人経営の脱毛サロンだとその技術はバラバラ。
いくら光脱毛機の出力が低いと言っても、調節を誤れば、人の肌を傷つけるくらいの性能は兼ね備えています。

特にここ数年は個人が独立して脱毛サロンを開業するというケースも増えてきていますが、実際に脱毛サロン・クリニックや関連企業で働いた経験がある人もいれば、全くの素人が独学で始めたというケースも少なくありません。

より安全なのはどっち?

それでは、医療脱毛クリニックと脱毛サロン、結局どちらが安全なのかということなのですが、信頼できるのは医療脱毛クリニックだと言えます。

医療資格を有しているということはそれだけ信頼に値することですし、「100%安全」とは言い切れないまでも、お客さまの肌に明らかな異常をきたすほどのミスはそうそう起こることではありません。
また、万が一トラブルが発生しても、医療機関であることで、その場で薬を提供することができます。

ただし、レーザー脱毛やニードル脱毛より、光脱毛の方が出力が低く、安全性が高いということも確かです。
そのため、ベテランのスタッフが施術してくれるという条件であれば、脱毛サロンの方がリスクが少ないという見解もあります。

しかし、脱毛サロンは医療脱毛クリニックに比べて、スタッフの技量の差が大きい傾向にあります。
先ほど解説した通り、特に新しい個人サロンでは経験が少ないスタッフが施術するというパターンも少なくないため、ある程度の実績ができるまでは、あまりおすすめすることはできません。

危険な脱毛クリニック・サロンを避けるには?

VIO

それでは次に、危険な医療脱毛クリニックや脱毛サロンを避ける方法を紹介します。
以下の方法でお店を見極めますが、もし一つでも該当する場合は要注意です。

安いだけのお店は避ける

脱毛は非常に高額なサービスであるため、料金の安さはお店を選ぶ上で非常に重要な項目の一つです。
しかし、だからといって不自然に安すぎる場合は注意する必要があります。

確かに料金を安くすることで集客率が上がる可能性がありますが、何か別の理由で料金を安くしている可能性もあります。

  • 施術に何か問題がある
  • 脱毛効果が低い
  • 追加料金が発生する

これらはたまに見かける、料金が安い脱毛サロンに多く共通する特徴です。
逆に安すぎるほどの料金設定にも関わらず、それ以外もしっかりしているという脱毛サロンはほぼありえないと言っても過言ではないため、避けた方がベターです。

新しい個人店は避ける

前述した通りですが、新しくできたばかりの個人サロンは施術が安定していないことが多く、積極的におすすめすることはできません。
もちろん、そのような脱毛サロン全てが不安定であるわけではありませんが、安心感で言えば大手チェーン店の方が当然勝ります。

しかし、そのような大手チェーン店は都市部や市街地にあることが多く、地方や郊外に出店していることはほとんどありません。
自宅の近くには個人営業の脱毛サロンしかないという方も少なくないでしょう。

そのような場合は、その脱毛サロンのホームページやSNSを確認することをおすすめします。
各メディアの内容がしっかりしていたり、高評価の口コミが多ければ、信頼して利用してみてもいいでしょう。

それに、民間団体が発行している資格であれば、脱毛に関するものもあります。
国家資格である医師免許のような効果はありませんが、民間の資格でも、取得していればそれだけ信頼度が上がります。

口コミ・レビューを参考にする

最後は口コミやレビューを確認することです。
Googleマップやホットペッパービューティー、またはその他の口コミサイトは、そのお店のことを知る上で非常に参考になります。

ただし、新しくできたばかりの個人サロンは知名度も低いですし、口コミ数も多くはないでしょう。
それでも数少ない口コミが参考にはなりますが、やはり脱毛には個人差があるため、鵜呑みにするのは危険です。

それぞれのリスクを理解して安全に脱毛!

医療脱毛クリニックと脱毛サロン、それぞれのリスクや危険性について解説してきましたが、ご参考いただけたでしょうか。

一般的には、医師免許を必要とする医療脱毛クリニックの方が信頼できますが、レーザー脱毛やニードル脱毛は肌への負担が大きく、リスクも高くなります。
一方、脱毛サロンの光脱毛は安全性は高いですが、スタッフの技術に差があるため、どの脱毛サロンが安全か、自分で見極めなければなりません。

今この記事を読んでいただいている方の自宅の近くにどんなお店があるかにもよるので、それぞれのメリット・デメリットを理解し、安全に脱毛しましょう!

  • シェア

脱毛サロン九州エリアランキングBEST3

  • 1位

    アドラーブル

    コスパとサービスレベル高!VIO・顔を含んだ全身脱毛が月額3,300円

    アドラーブル

    月額3,300円で脱毛を受けることができるアドラーブルは、VIOと顔を含んだ全身脱毛を受けることができる脱毛サロン。全身脱毛以外にも、部分脱毛や子供脱毛コース、フェイシャルメニューといった多種多様なメニューが用意されています。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    カリス

    スピーディーな施術で高評価!部位脱毛・セレクト脱毛プランも豊富

    カリス

    脱毛に掛かる時間が短く、スピーディーな施術を強みとするカリス。全身脱毛以外にも、部分脱毛コースやセレクト脱毛コースが用意されています。分割払いで通うことができるので、初めての脱毛サロンという方でも通い易いのが特徴です。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    パールプラス

    医療従事者目線の衛生管理と居心地の良いアットホームな雰囲気が魅力!

    パールプラス

    独自開発された脱毛機でサービスを運営するパールプラス。SHR方式を採用しており、毛周期に関係なく施術を受けることができます。「施術スタッフは非常に丁寧」といった口コミも多数。脱毛初心者の方は安心して通うことができる脱毛サロンです。

    公式サイトを見る 詳細はこちら

キレイになるための脱毛コンテンツ