全身脱毛における『脱毛範囲』について

全身脱毛を検討する際は脱毛範囲に注意!

全身脱毛を契約する上で確認しておきたいのは脱毛範囲です。

大牟田・みやま・久留米・鳥栖の脱毛サロン全身脱毛範囲

  • アドラーブル……顔・VIO含全身
  • カリス……顔・VIO含全身
  • ミュゼ・プラチナム……顔ナシ・VIO含全身(襟足は12回以上契約のみ含まれる)
  • エアリアル……顔ナシ・VIO含全身
  • ジェイエステティック……セレクト(合計40回を組み合わせる)
  • TBC……セレクト(Lパーツ12か所・Sパーツ12か所の合計24カ所を組み合わせる)
  • ソンジュ……顔・VIOナシ全身
  • ビューティーマックス……顔・IOナシVのみ含全身

まずは顔・VIOが含まれているかの確認

“全身脱毛”コースでも顔・VIOを含まない脱毛サロンは多いです。
もしくは、VIOはあっても顔は含まれていない、Vのみ含まれているなど、VIO・顔を全身脱毛コースに入れるかは脱毛サロンの“全身”の定義によって違います。

襟足は顔に入る!?

たとえば『ミュゼ・プラチナム』は、一見対象外部位は顔のみのように見えますが12回コース以上の契約でなければ襟足は含まれません。
VIO・顔以外にも、襟足についてもきちんと確認しておきたいですね。
顔に含まれるとする脱毛サロンもありますので意外な盲点と言えます。

全身〇カ所は当てにならない?

脱毛サロンでよくある“全身〇カ所”は、数のイメージ戦略でユーザーにとってはさほどあてになるものではありません。

20ヵ所と50カ所とする脱毛サロンでも、前者と後者で脱毛範囲が変わらないこともあります。
背中を1カ所とするサロンと、背中を上・中・下と3か所に区切る脱毛サロンでは数字が違います。数はあくまで脱毛サロンの独自解釈であり、数が多ければ多いほどお得で脱毛範囲が広いわけではありません。

セレクト式は意外と割高かもしれない?

たとえば全身をくまなく脱毛したい場合、大手サロンである『TBC』と『ジェイエステティック』は不向きです。
逆に、「全身の広い範囲を脱毛したいけど、必要ない箇所もある」という方にはおすすめです。(が、基本的に老舗であるため割高です)

顔は細かい部分もチェック・要確認

脱毛範囲に顔が含まれていても、頬周りのみとする脱毛サロンも多いです。顔の脱毛はデリケートな目に近い部位を含むため、消極的なサロンもあります。全身脱毛に顔が含まれていても細かくチェックしましょう。

記載内容は2019年5月現在・独自の調査によるものです。情報に関しては該当の公式サイトへお問い合わせください。

  • シェア

キレイになるための脱毛コンテンツ