通ってる脱毛サロンが倒産したら?!返金対応はしてもらえるの?

人気脱毛サロン・美サイレントエムが倒産!

久留米に本社を構え、久留米・天神エリアのユーザーから愛されていた脱毛サロン【美サイレントエム】が突然の倒産

被害を受けた方はかなり多く、中には「総額40万円の契約をしたばかりだったのに!」という方までいらっしゃいます。

サロンが倒産してしまうケースはけして珍しくない!

国民生活センターによると、エステサロンの倒産に関する相談は2009年度からどんどん増加しており、年間で約500件~3000件を超える年もあるそうです。

ちなみに2020年も、2月5日までですでに325件の相談が寄せられているとのこと。
「契約しているサロンが倒産した」というニュースは他人ごとではなく、いつ自分の身に起こるか分からないと思って対策しておいた方がいいかもしれません。

脱毛サロンが倒産したらお金は返ってくる?

脱毛サロンが倒産すると、脱毛サロンや裁判所から「倒産しました」という通知が来ます。事前に通知されることはほぼありません。
そしてその後はサロンに直接連絡することはできなくなり、すでに支払ったお金は基本的に戻ってきません。

クレジットカードのローン払い(後払い)の場合は支払いを停めることもできますが、個人だけで差し止めまでもっていくのはなかなか難しいことも。一人で抱え込んだり泣き寝入りする前に、消費生活センターへ相談しましょう。
消費者ホットライン(局番なし・188番)は全国どこからでもつながります。

こんな脱毛サロンは危険?!倒産しそうなサロンの見分け方ってある?

以下は一例であり、この特徴のあるサロンがすべて倒産の可能性があるというわけではありません。
ですが、「前はそんなことなかったのに急にこんな風になってしまった!」というサロンは要注意かもしれません。

現金払いしか受け付けない

クレジットカード払いの場合、カード会社によって引き落とし日は異なりますが、売上金が実際にサロンに入るのは契約を交わした当日ではなく後日になってしまいますよね。
経営状況が悪化しているサロンはとにかくすぐに現金がほしいため、支払い方法を現金に限定したり、現金一括払いの場合に特典をつける・料金が安くなるなどの手法をとることが多いです。

勧誘がしつこい

経営状況が苦しくなってくると広告宣伝にかけられる費用も限られてくるため、新規のユーザーを獲得することも難しくなっていきます。そのため既存のユーザーに新たな契約をしてもらおうとして、勧誘が激しくなることがあります。

サロン内の清掃が行き届いていない・スタッフの態度が良くない

経営状況が悪化し、倒産が決まってしまったようなサロンでは働くスタッフのモチベーションが下がってしまいます。
そのためサロン内の掃除がおざなりになっていたり、観葉植物が傷んでいたり、接客態度が良くなかったりといった兆候は危険信号です。

「大手サロンを選べば大丈夫」は大間違いかも

倒産のリスクを考えてサロンを選ぶなら、

  • エステ協会などに未加入の個人サロン
  • 新規オープンで実績が少ない脱毛サロン
  • 知名度があまり高くなく、いつも空いている脱毛サロン

こういったサロンは避けた方が安心かもしれません。

ですが、全国に160店舗を展開、当時業界2位の大手だったとあるサロンが200億円の負債を抱えて倒産した事例もあります。大手だからといってかならずしも安心できるわけではないんですね……。

脱毛サロンの倒産リスクを極力回避するには?

絶対に倒産しない脱毛サロンを選ぶのは不可能なので、「もし脱毛サロンが倒産しても被害が最小限に済む」方法を考えましょう。

都度払い・月額制の脱毛サロンを選ぶ

脱毛サロンが倒産した場合、払ったお金が戻ってくることはほぼありません。
「全額払ったあとにサロンが倒産した!」という事態を防ぐため、一回一回の施術ごとに料金を支払う都度払いや、月ごとの料金を支払う月額制の脱毛サロンを選ぶと安心です。

大きな契約はしない

全身脱毛よりもまずは部位脱毛を契約してみて様子を見るというのも手です。もし通っている途中で急に勧誘が激しくなったりといった兆候が見られたら、他のサロンへの乗り換えを検討しましょう。

  • シェア

キレイになるための脱毛コンテンツ