【脱毛】施術前後に気を付けるべき注意事項まとめ

脱毛前後に気を付けること

脱毛をする上では、脱毛前後の行動において気を付けなければならないことがあります。

脱毛前後の誤った行動が原因で、肌のトラブルに繋がってしまったり、場合によっては施術を受けられなくなってしまったりすることも…。

そんな悲劇を防ぐために、今回は「脱毛前〜当日」「脱毛後」に分けて、それぞれの注意事項をまとめていきます!

脱毛前~当日にかけての注意事項


まずは脱毛前〜当日にかけての注意事項を見ていきましょう!

生活編

日焼けを避ける

脱毛機のレーザーや光は黒い色素に反応するものが多いです。日焼けをしていると肌にも光やレーザーが反応してしまい、火傷のリスクが高くなります

また、日焼けをしている肌はダメージを受けている状態なので、肌トラブルが起きるリスクが上がるため、施術を断られてしまうことが多いです。

脱毛をすると決めたら、日焼け対策を万全にしましょう。

激しい運動を避ける

激しい運動によって体温が上がって体内に熱がこもった状態になると、火傷や肌トラブルのリスクが高まります。

また、運動によって血行が促進されることも、肌の赤みやかゆみにつながる可能性が高いです。

施術の前日~当日は、スポーツやジムでのトレーニングなどの激しい運動は避けるようにしましょう

飲酒を控える

アルコールにも血行を促進する作用があります。

肌の赤みやかゆみが起きやすくなるだけでなく、アルコールの分解によって体内の水分が奪われるため、肌が乾燥しやすくなり、肌トラブルのリスクも上がります。

施術当日はもちろん前日から飲酒は控えるようにしましょう。また、アルコールが残りやすい体質の場合は施術2日前から飲酒を控えるなどの対策をしましょう。

薬の服用や予防接種

薬の服用や予防接種にも気を付けなければいけません。

薬の種類によっては、副作用が発生したり、レーザーや光が過敏に反応してしまったりする恐れがあります。事前に医師や担当スタッフに確認するようにしましょう。

また、予防接種の後は肌のトラブルや体調不良につながる危険性があるので、数日~1週間程度空けて施術を受けるようにしましょう

制汗剤や日焼け止めを使用しない

制汗剤や日焼け止めも施術に影響を及ぼす可能性があります。

施術時に肌に塗るジェルの浸透を妨げてしまったり、毛穴に残った制汗剤や日焼け止めによって、レーザーや光の熱が十分に届かなくなったりすることがあります。

また、レーザーや光の反応によって肌トラブルが起きる恐れもあるので、施術当日は制汗剤や日焼け止めを使用しないようにしましょう

自己処理編

施術の1~3日前に自己処理を行う

脱毛の施術を受ける前には、剃毛をしなければいけません。

毛が長いままだと、火傷をするリスクが上がったり、脱毛効果が落ちてしまったりするので、施術前に自己処理を行いましょう。

ただし、自己処理を行うタイミングにも注意が必要です。施術の直前に自己処理を行うと、肌がダメージを受けた状態になるので、肌トラブルのリスクが上がり、場合によっては施術を断られてしまうこともあります。

施術の1~3日前に自己処理を済ませるようにしましょう

肌へのダメージを最小限に

自己処理を行う際の方法にも注意が必要です。

毛抜きやワックス、除毛クリームなどを使用すると、肌を痛めてしまいます。また、レーザーや光は黒い色素や毛の根本にダメージを与えるものが多いので、毛を抜いてしまうと効果が無くなってしまいます

カミソリも肌へのダメージが大きいので、刃が直接肌に触れない電動シェーバーなどがおすすめです。

手が届かない部位は無理をしない

自己処理を行う上で、背中やOラインなどの手が届きにくい部分や剃毛が難しい部分を、無理に処理することは危険です。

無理をして肌を切ってしまったり、大きなダメージを与えてしまったりすると、肌のトラブルが起きたり、施術の可否にも影響が出たりします。

サロン・クリニックによっては、無理で剃り残しを処理してくれるところもあるので、あまり無理し過ぎないようにしましょう。

脱毛後の注意事項


次に、脱毛後の注意事項を見ていきましょう!

体温編

入浴を控える

施術当日の入浴は控えなければいけません。

入浴によって体温が上がると血行が良くなり、施術後の赤みやかゆみの原因になったり、悪化してしまったりします。ぬるめのシャワーでなるべく体を温めないようにしましょう

また、体を強くゴシゴシとこすることも肌トラブルの原因になるので、泡で優しく洗うようにしましょう。

激しい運動を避ける

施術後も施術前同様、激しい運動は厳禁です。

体温の上昇による血行促進で、赤みやかゆみが引き起こされる可能性が高まります。

また、運動によって出る汗にも注意が必要です。汗が肌を刺激することによって肌トラブルが起きることもあるので、激しい運動をしていなくても、汗はこまめに拭くなどして対策をしましょう。

飲酒を控える

飲酒も施術前同様、施術後当日は控えましょう

施術前と同じく、体温の上昇による血行促進で赤みやかゆみが出ることや、それらが悪化することを防ぐためです。

基本的に翌日以降は飲酒をしても大丈夫ですが、施術後の赤みやかゆみが気になる場合は治るまでなるべく飲酒を控えると、治りが早いでしょう。

コンディショニング編

日焼けを避ける

施術後の肌はレーザーや光によるダメージや乾燥によって敏感になっています。

日光によって更なるダメージが加わると、肌が炎症を起こすなどのトラブルがおきることがあります。

また、施術後の肌は日焼けしやすくなっていますが、日焼けをしてしまうと次回の施術が受けられなくなる可能性があるので、日焼け止めや服装などで日焼け対策をするようにしましょう

肌を保湿する

施術後の肌はレーザーや光の熱によって水分が奪われ、乾燥しやすい状態になっています。

サロン・クリニックでも、施術後に保湿ケアをしてもらえることがほとんどですが、自宅でも普段以上に保湿に気を遣うようにしましょう

しっかり保湿がされておらず乾燥した状態が続くと、肌トラブルに繋がり、次回以降の施術にも影響が出ることがあるので気を付けましょう。

毛を抜かない

生えかけの毛や抜けかけの毛を無理に抜いてはいけません。毛穴の開きや肌トラブルなどの原因になります。

また、毛を抜くことによって毛周期が乱れると、脱毛効果にも影響が出てしまい、満足のいく効果を得られなくなる可能性もあります。

自然に毛が抜け落ちるのを待ち、いじらないようにしましょう。

脱毛に関するよくある質問

脱毛前後の注意事項に加えて、よくある質問への回答もご紹介していきます!

生理中でも脱毛はできる?

衛生上の問題などで、生理中はVIO(デリケートゾーン)やお尻周りの施術は受けられないことがほとんどです。

そのほかの部位の施術に関しては、生理中はホルモンバランスの影響で肌が敏感な状態になるため、場合によっては施術が受けられないこともあります。

妊娠中、授乳中に脱毛はできる?

妊娠中は、胎児への影響が懸念されることから、施術を受けられないところがほとんどです。

また、授乳中は、産後でホルモンバランスが整っていないことから、肌トラブルが起きやすいため、施術を受けられないことが多いです。

産後いつから脱毛できる?

授乳が終わって、生理が2〜3回以上来たら施術を受けられるというところが多いです。

ただ、帝王切開による出産の場合や、体調が安定していない場合についてはさらに時間を要することがあるので、医師やスタッフと相談しながら進めましょう。

アトピー肌、敏感肌でも脱毛できる?

肌の状態が安定していれば施術を受けられるところが多いですが、薬を塗布している場合は施術を受けることができません。

また、肌の状態は人によって異なるため、医師やスタッフとの事前の相談が大切です。

日焼け後はいつから脱毛できる?

日焼けをした肌は、肌が炎症を起こしている状態なので、元の状態に戻るまで施術を受けられません

肌が元の状態に戻るまでに、夏季で約3か月程度、冬季で約2か月程度かかり、脱毛の周期にも影響が出てしまうので、日焼け対策には十分に気を遣うようにしましょう。

肌が生まれつき黒くても脱毛できる?

肌の色には個人差があるため、医師やスタッフの判断によります

黒い色素に反応する脱毛器のレーザーや光は肌にも反応してしまうため、施術を受けられない場合もありますが、脱毛器の種類や脱毛方法によっては受けられることがあります。

傷跡の部分は脱毛できる?

基本的に傷跡の部分の脱毛はできません

多くのサロン・クリニックでは、傷跡の部分を避けての脱毛になるか、付近の部位の施術を受けられないことがほとんどです。

カウンセリングの際に確認するようにしましょう。

ほくろから生えている毛は脱毛できる?

多くの脱毛機のレーザーや光はメラニンという黒い色素に反応しますが、ほくろにもメラニンが含まれているため、ほくろの部分の脱毛はできないことが多いです。

しかし、脱毛方法によってはほくろの部分にも対応していることがあるので、部位によって使い分けてみるのも良いでしょう。

まとめ

顔脱毛で後悔しない対策方法は

いかがでしたか?今回は脱毛前後の注意事項をご紹介してきました!

脱毛に通う前に知っておきたい注意事項を抑えた上で、ご自身に合った脱毛サロン・クリニック選びをしていきましょう!

  • シェア

脱毛サロン九州エリアランキングBEST3

  • 1位

    アドラーブル

    コスパとサービスレベル高!VIO・顔を含んだ全身脱毛が月額3,300円

    アドラーブル

    月額3,300円で脱毛を受けることができるアドラーブルは、VIOと顔を含んだ全身脱毛を受けることができる脱毛サロン。全身脱毛以外にも、部分脱毛や子供脱毛コース、フェイシャルメニューといった多種多様なメニューが用意されています。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    カリス

    スピーディーな施術で高評価!部位脱毛・セレクト脱毛プランも豊富

    カリス

    脱毛に掛かる時間が短く、スピーディーな施術を強みとするカリス。全身脱毛以外にも、部分脱毛コースやセレクト脱毛コースが用意されています。分割払いで通うことができるので、初めての脱毛サロンという方でも通い易いのが特徴です。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    パールプラス

    医療従事者目線の衛生管理と居心地の良いアットホームな雰囲気が魅力!

    パールプラス

    独自開発された脱毛機でサービスを運営するパールプラス。SHR方式を採用しており、毛周期に関係なく施術を受けることができます。「施術スタッフは非常に丁寧」といった口コミも多数。脱毛初心者の方は安心して通うことができる脱毛サロンです。

    公式サイトを見る 詳細はこちら

キレイになるための脱毛コンテンツ