ピルを服用してても脱毛はできる?女性ホルモンと体毛の関係を理解しよう

ピルとムダ毛の深い関係

月経不順の改善やPMSの軽減など女性ならではの悩みに働きかける低用量ピル。

エステや脱毛サロンの中には、ピルを服用している場合施術ができない場合があります。
しかし、毎日服用しないと効果が出ないピルは、簡単に服用を中止できないことも。なぜ断られるのか、どんな関係性があるのか正しく理解してサロンを選びに役立ててください。

低用量ピルとは

経口避妊薬とも呼ばれる低用量ピル。
医師の処方のもと、毎日1回服用することで、排卵を抑制し、妊娠に繋がらないように体が働きます。
女性ホルモンと同等な成分が含まれており、避妊だけではなく、生理痛の緩和やニキビなど女性に嬉しい効果をもたらしてくれます。

成分の配合量が高ければ高いほど効果が出ますが、副作用も大きく表れることがあります。毎日服用する薬ですので、最近では低用量ピルという、成分の配合量を抑えたものが主流になっています。

女性ホルモンと体毛の関係

女性ホルモンのひとつエストロゲンは毛の発達や成長に働きかけます。もうひとつのプロゲステロンは毛の寿命を延ばす働きをします。
抜け毛や薄毛を抑制する効果があり、男性と比べたとき女性の方が薄毛や抜け毛で悩む人が少ないのは、女性ホルモンが要因です。

ピルは脱毛にどんな影響を与えるのか

低用量ピルが女性ホルモンに働きかけるのは事実ですが、ピルを飲む目的は身体を正常に保つためのもの。低用量ピルの成分量では、脱毛には特に問題が無いと言われています。

しかし、中容量以上のピルを服薬する場合は、身体に影響を与える場合があるため注意をしてください。
低用量ピルでも心配な場合は通っている病院へ相談して決めるのが一番です。

なかには脱毛を断られる場合も

脱毛サロンの中には、ピルを飲んでいる場合、診断書をもらわなければいけない場合があります。中には脱毛を断られる場合もあるようです。

断られる理由 ホルモンバランスの影響で毛量が変化する

ホルモンの影響を受け、毛量が変化した場合、脱毛効果が分かりにくくなります。満足できる結果を得るために、脱毛を断られる場合があるようです。

断られる理由 色素沈着の防止

ホルモンバランスの変化の影響を受けシミができやすくなることがあるそうです。

光過敏症の防止

薬の中には、光を敏感に感じ取ってしまい肌に赤みや蕁麻疹などが出てしまう光過敏症を引き起こすことがあります。

肌が不安定な状態になる事がある

ピルを飲み始めたばかりの時、ホルモンバランスの変化により肌がいつもより敏感になるときがあります。

敏感になっている肌へ、光脱毛を行うと、ダメージが増長する可能性があります。薬に限りませんが、肌が敏感な時は脱毛の施術を受けるのは避けたほうが良さそうです。

医療機関と提携しているサロンへ

低用量ピルを服用している場合、特に脱毛に与える影響はないと言われています。しかし、全くゼロとは言い切れないことから個人サロンでは断られることもあるようです。
大手サロンは医療機関と提携を結んでいることも多く、施術を受けることができるようです。

女性の身体に大きくかかわるピルの服用。不安な場合は、処方しているお医者さんや通っているサロンのスタッフの人に遠慮なく相談してみましょう。

  • シェア

キレイになるための脱毛コンテンツ