介護脱毛のデメリットは?超高齢化社会での必要性やメリットも徹底解説

40代~50代の方から注目を浴びる“介護脱毛”

自身が介護した時に苦労した経験などから、将来の事を考えてVIO脱毛に興味を持つ人が増えています。着替えや食事、入浴など様々な介助の中でも、負担の大きい排泄介助。少しでも負担を減らしたいという思いやりの気持ちから考えている方が多いようです。

介護脱毛とは

将来自分が介護される立場になった時を考慮し、準備としてアンダーヘアやワキ毛の脱毛を済ませておくことです。

元気なうちはなかなか介護の想像はつかないかもしれませんが、親世代への介護などを経験した方が大変な思いをしたことから「自分は準備しておきたい」と思う方も多いようです。

介護脱毛のメリット

介護脱毛のメリットは、介護する側、される側どちらにもメリットがあります。

  • 介護する側される側、両者の負担軽減
  • 衛生的な状態を保つ
  • 不快感の軽減

介護をする側される側、両者の負担軽減

うまくふき取りができなかったり、アンダーヘアに排泄物が絡まったり、負担が大きい排泄介助。中には介護の時に、介護者がデリケートゾーンの毛を処理する場合もあります。

介護する側の負担はもちろんですが、介護される側にとっても申し訳なさや恥ずかしさなどストレスは大きなものです。介護脱毛をすることによって、どちらの負担も軽減できます。

衛生的な状態を保つ

歳を重ねると抵抗力が弱まり、感染症のリスクが高まります。

アンダーヘアがあるとゴシゴシと拭いてしまうことで肌が傷ついたり、吹き残しで不衛生な状態となり、新たな肌トラブルが起きる場合があります。

衛生的な状態を保つことで、肌荒れやかゆみ、感染症などの予防にも繋がります。

不快感の軽減

オムツの中はムレやすくにおいも発生しやすい環境です。介護脱毛により雑菌の繁殖を防ぎ、軽減することができます。実際に、夏場なども快適に過ごせるようになったという口コミも多いです。

介護脱毛のデメリット

  • 脱毛時に恥ずかしさがある
  • 痛みが強い
  • 元の状態には戻せない

脱毛時に恥ずかしさがある

デリケートゾーンを人に見られるのは抵抗のあるものです。しかし、相手は幅広い世代の女性を担当する脱毛のプロです。抵抗のあるのは1回だけで、後は慣れてしまう方がほとんどです。

また、“脱毛は若い女性がするもの”というイメージがついている方も。介護という社会問題とともに介護脱毛はメディアでの取り上げも増え、知名度も高まっています。

痛みが強い

VIOは他の箇所に比べて皮膚が薄いため痛みが出やすい部位です。不安な場合はスタッフに相談して見てください。

元の状態には戻せない

ツルツルにすると介護の時丸見えになるのが恥ずかしいと思っても、元に戻すことができません。

また、女性は加齢によりアンダーヘアの量が減る人が多いため、必要あったのかと思う人もいるようです。

介護脱毛の口コミは?

気になっているけどなかなか踏ん切りがつかないという方が多いようです。恥ずかしさや痛み、料金など人によって気になるポイントはそれぞれですね。

介護脱毛をするなら?おすすめのサロンを紹介

ほとんどのサロンが、介護脱毛ではなくVIO脱毛や脇脱毛、全身脱毛といったコースで脱毛を行います。

アドラーブル

adorable

ライフデザイン脱毛として介護脱毛を展開するアドラーブル。東海地方、九州地方に18店舗展開しています。
10年を超える歴史のあるサロンで、多くの信頼を集めている脱毛サロンです。

いち早く介護脱毛に注目し、様々な悩みを解決しています。

アドラーブルの介護脱毛料金プラン
  • VIOセット/2,700円
  • 両ワキ/1,600円
  • 鼻下/3,200円

アドラーブルの介護脱毛は、VIO、両ワキ、鼻下の3カ所が用意されています。

もちろんVIOはどんなデザインでも相談可能です。

介護脱毛体験者の口コミは
イメージ

毛量も減り毛が細くなり効果を実感しています

利用者A

娘から介護をしやすいようにキレイにしておいてと言われVIOを始めました。痛みが無いか不安だったり、恥ずかしいと感じていました。ですが回数を重ねていくうちに毛量が減り、毛が細くなるなど効果を実感できていますし、以前よりもムレや痒みなどの肌トラブルが軽減されてとても楽になったと感じています。自分や周りの人の為になる脱毛だと思います。

イメージ

自己処理の必要が無くなり楽になりました

利用者B

今まで剃るのが面倒だったけど何もしなくてもよくなり、楽です。目が見えづらくなってきたので、もっと早くやればよかったと思っています。

イメージ

介護の経験から、迷惑を掛けたくないと思い決断しました

利用者C

ムレやかゆみが気になるのと、自身が看護師としてケアをする立場なので、毛が無い方が臭いも気にならず、衛生的にも良いため介護ケアするのが楽だと感じており、自分が介護される身になった時に恥ずかしくなく、迷惑をかけないようにと思い始めました。

アドラーブルを公式サイトをチェック!

将来の準備に介護脱毛をプラス

自身の脱毛はもちろんですが、介護脱毛は家族を含めた問題です。

元気なうちは、介護を受ける準備をするのは難しいですが、将来の予定を考える感覚で介護脱毛を検討していくことが大切です。

介護する側・される側の両方にメリットのある「介護脱毛」への注目は今後さらに高まっていくでしょう。

大牟田・みやま・鳥栖・久留米で【VIO脱毛】におすすめの脱毛サロン!

大牟田・みやま・鳥栖・久留米で【VIO脱毛】するなら…
大牟田・みやま・鳥栖・久留米で【VIO脱毛】するなら…
いま注目の『VIO脱毛』 VIO脱毛が人気で、女性誌や情報メディアで取り上げられているのをよく見かけます。脱毛サロンでもVIOメニューやプランを独自に設けてい…
  • シェア

キレイになるための脱毛コンテンツ