脱毛後は運動しちゃダメって本当?理由と気を付けるポイント

脱毛後に運動しちゃいけない理由は?

脱毛サロンで施術を受ける前後にはなにかと注意するポイントが多いです。その中に「脱毛後は激しい運動を避ける」というものがありますが、脱毛と運動ってなにも関連がないように思えますよね。

脱毛後の運動がNGな理由を詳しく説明していきます。

脱毛後に運動すると赤み・炎症の原因になる

脱毛サロンや脱毛クリニックで受ける脱毛の施術は、ムダ毛に含まれるメラニンに反応する光(クリニックではレーザー)を照射することで熱ダメージを与え、ムダ毛を弱らせていくことで脱毛するものです。
この熱エネルギーは、照射した後もしばらくは肌に残り続けます。肌全体が軽いやけどを負ったような状態とも言われます。
その状態で運動すると、体温が上がることで肌が炎症を起こしてしまいます。

汗によって雑菌が繁殖するのを防ぐ

脱毛後に運動を控える理由は、炎症を防ぐことだけではありません。運動することで汗をかき、その汗が原因で雑菌が繁殖する恐れがあります。
ただでさえ脱毛後の肌はデリケートになっているので、汗をかくことによる刺激や繁殖した雑菌によって肌トラブルにつながることも。

脱毛後は肌を冷やして安静に

脱毛後に赤みが出やすいかどうかは個人差も大きいですが、「自分は大丈夫」と思わずに安静にすることが大事です。
脱毛後の肌には熱エネルギーが残っており、ほてった状態が続くことになります。赤みや熱を盛った感じが気になる場合は保冷剤や冷やしたタオルで冷やし、クールダウンしましょう。

同じく体温が上がる入浴も控えよう

脱毛後の運動は体温が上がって炎症・赤みの原因になりますが、同様の理由で湯船に浸かっての入浴も避けた方がベターです。
また、脱毛後の肌は乾燥しやすい状態にもなっています。脱毛後はとにかく肌を冷やして保湿して、肌トラブルを起こさないようケアしましょう!

  • シェア

キレイになるための脱毛コンテンツ