脱毛・除毛・抑毛の違いをおさらいしよう|ムダ毛処理にもいろいろ

肌から毛をなくすアイテムはたくさんある

自己処理でおなじみのカミソリ、除毛クリーム、抑毛ローションなど、ムダ毛処理に使われるアイテムにはいろいろな種類のものがあります。

自分の一番気に入る仕上がりにするためにも、それぞれがどのようにムダ毛にアプローチするのかをしっかり把握して選びましょう!

脱毛=毛根から毛をなくすこと

脱毛には、毛根にダメージを与える光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛、物理的に引き抜く糸脱毛、ワックス脱毛などさまざまな方法があります。

施術方法によって差はあるものの、毛穴への負担が大きいことや痛み、埋没毛・毛嚢炎などのリスクがあります。

イメージ

九州美容女子A

ちなみに、ピンセットや毛抜きで毛を抜くことも厳密に言えば「脱毛」です。

よく聞く「永久脱毛」って?

「最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が20%以下」である場合、特に「永久脱毛」と呼ばれます。現在はニードル脱毛レーザー脱毛がこれに当たるといわれています。

イメージ

九州美容女子B

光を使った脱毛の歴史自体が浅いから、本当に「永久」かどうかはまだ分からないというのが実際のところ。

除毛=肌の表面から毛を取り除くこと

体毛のうち、肌表面から出ている部分だけを取り除くのが除毛です。自己処理でおなじみのカミソリ・電気シェーバー、毛を溶かす成分の入った除毛クリームなどが使われます。

カミソリはコンビニや薬局で簡単に手に入り、気になった時にすぐ処理できる点がメリット。しかし、ムダ毛と一緒に肌表面も削り取ってしまうため肌への負担は大きくなります。

除毛クリームの仕組みは?

イメージ

九州美容女子C

なんでクリームを塗るだけでムダ毛がなくなるの?

それは除毛クリームに含まれる「チオグリコール酸カルシウム」の効果です。
この成分には体毛の主成分であるタンパク質を溶かす働きがあり、クリームを塗った場所の毛を溶かして取り除いてくれるのです。

イメージ

九州美容女子B

じゃあ長い時間置いたほうがキレイに除毛できる?

それはNG!除毛クリームを規定の塗布時間以上に放置していると、毛だけでなく肌まで溶けてしまい肌荒れが起こる危険性があります。

除毛クリームを使用する際は注意書きをよく読み、必ず塗布時間を守るようにしましょう。

抑毛=毛が生えてくるのを抑えること

毛の1本1本を細く目立たなくしたり、生えにくくすることを抑毛といいます。商品としては抑毛ローションや抑毛クリームなどが販売されています。

シェービング後の保湿に抑毛ローションを使うなど、他の方法と併用することでよりキレイな仕上がりが目指せます。

イメージ

九州美容女子A

光脱毛に分類されるSSC脱毛にも、抑毛効果のある成分が使われています。

光脱毛『SSC脱毛方式』とは?

光脱毛『SSC脱毛方式』とは?
光脱毛『SSC脱毛方式』とは?
脱毛方式『SSC脱毛方式』 最大手「ミュゼ・プラチナム」が採用していることで有名な『SSC脱毛方式』はスムース・スキン・コントロール脱毛方式の略です。 「…

抑毛ローションの仕組みは?

多くの抑毛ローションには大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、毛を細くしたり抜けやすくしたりする効果があるといわれています。

除毛効果のあるタンパク質分解酵素が含まれているものも多いですが、抑毛を目的にしたアイテムの場合、チオグリコール酸カルシウムよりも刺激の弱いパパイン酵素が含まれているものが多いです。

  • シェア

キレイになるための脱毛コンテンツ