脱毛はアトピー肌でもできる?

脱毛はアトピーでも問題ない?

「アトピー肌でも脱毛はできる?」
「脱毛する上で、アトピー肌の場合気を付けるべきことは?」

アトピーでお悩みの方は、脱毛前に確認しておきたいことですよね。

後々大きなトラブルになった場合、「知らなかった」では済まされません。

今回、脱毛をしたいアトピー肌の方に向けて、まとめてみました。

アトピーとは?アトピー肌での脱毛とは?

アトピーとは、アレルギー体質の方や皮膚のバリア機能が弱い方に多くみられる皮膚の病気。
一般的に「アトピー性皮膚炎」と呼ばれており、主に痒みや湿疹などの症状が表れます。
肌のバランスが変化し、良い時と悪い時の差が激しい症状が、アトピー肌の特徴です。

家庭用脱毛器を扱うような個人での脱毛をする場合を除いて、アトピー肌での脱毛は難しくはありません。

脱毛サロンであれば、事前にスタッフとのカウンセリングで、入念に確認してから脱毛が可能です。

アトピー肌で脱毛ができないケース

基本的にアトピー肌でも脱毛はできます。
しかし、アトピーの症状次第では、脱毛ができないケースも。
脱毛サロンを検討されている方は、要チェックです。

薬を使用している場合

アトピー肌向けのステロイドなどの塗り薬や飲み薬を投与している場合、脱毛ができない場合も。

ステロイド剤は、抵抗力を下げたり、光を吸収しやすくする性質が含まれています。
脱毛器は毛根までアプローチする強い光を照射するため、薬を使用している方はアトピーが酷くなる肌トラブルも生じてしまうこともあるため、非常に危険です。

薬の副作用で「多毛化」することもあるため、ステロイド剤を使用している方は、サロンのスタッフに申し出ましょう。

アトピー肌に色素沈着がある場合

サロンで行われる脱毛は、黒い色素(メラニン色素)に反応する機械で施術します。

アトピー肌の中でも色素沈着がある場合、照射される光が散漫するため、充分な脱毛効果が得られないだけでなく、痛みが伴う場合も。

色素沈着がある部分への施術は、肌のトラブルを引き起こす原因にもなるため、スタッフに肌の状態を確認するようにしましょう。

アトピー肌の方が脱毛するには?

家庭用脱毛器よりも脱毛サロン

アトピー肌の方が脱毛をするのなら、脱毛サロンに通うようにしましょう。
家庭用脱毛器などで手軽に脱毛もできますが、アトピー肌の状態で脱毛をしてもよいかまでの判断はできないはず。
脱毛サロンでは、必ずスタッフとのカウンセリングがあるので、その時に相談するようにしましょう。個人で脱毛をするよりも危険度が低いので、肌状態に合わせた脱毛ができます。

注意点

脱毛前にサロンのスタッフに相談することは必須です。

合わせて、自己処理についても必ず確認してください。

自己処理のやり方1つを取っても、アトピー肌の方が行う場合、肌トラブルを引き起こすことになります。
肌トラブルを引き起こさずに脱毛できたとしても、自己流の自己処理でアトピーを悪化させてしまっては本末転倒ですよね。
どんなことでも必ずスタッフに聞くことが重要です。

まとめ

アトピー肌の方が脱毛をする際、脱毛は基本的に難しくはありません。

しかし、ステロイド剤などの薬を投与していたりすれば、事前にスタッフに相談することは重要です。

また、脱毛ができたとしても、その後の自己処理やケアのやり方も、正しい方法を聞いて取り組むようにしましょう。

  • シェア

キレイになるための脱毛コンテンツ